オワタあんてなの元祖です。復活しました。
ブックマークの登録・変更をお願いします。
また、Twitterやブログ内などで宣伝してくれると嬉しいです。オワタあんてなをよろしくお願いします。
contact@owata-net.com
RSS
12/12
12/11
12/10
やすらぎ速報
2191    IN
6136 OUT
母方の親戚を名乗る人が私にお見合いの話を持ってきたんだけど婚約者がいる人間にお見合い話持ってくる神経が分からない。「どうしても断れないお見合い」とか言ってたけど、ではそのお見合いに行ったとして相手が私を気に入った場合は断れるの?
夜釣りが趣味なのですが暗い中影のようなものが水面に見えてブイか何かだと思っていたのですが夜が明けて明るくなってきたら人だと分かった。最初に気づいて2時間ほど経っていたので溺れてる人も体力の限界だったと思う。
新郎は号泣しながら。周りはドン引きだった。新郎は一人っ子らしくて、両親(特に母親)がすごくかわいがっている様子でした。新婦はこの先あんなお姑さんじゃ苦労するだろうな・・・と思いました。新婦のことは好きだったから、なんかいろいろと残念でした。
「ねーおかーさーん、なんであのデブなねーちゃんあそこにおるん?」「新婦ちゃんの結婚式やのに、デブがおったら台無しやーん」確かにAさんはふくよかな体型をしてるが、オシャレにも気を使ってるし場の雰囲気を台無しにしてたわけでもない。
爆発寸前だった私に、長年パートとして勤めてる歴戦のおばちゃんが私に耳打ち。「次車のこと言われたらな、おばちゃんに話を合わすんやで」そしてその機会は程なくして来た。おばちゃん「まぁ!その車って云々、すごい掘り出し物じゃない!よく見つけたわねぇ」